読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ニンニンのマッチョになって何が悪い!

2ヶ月で10キロダイエットに成功したサプリ摂取とトレーニングの方法<パーソナルトレーニング実施中>

<ジョーダンの涙の理由>

「何かを始めるのは怖いことではない。怖いものは何も始めないことだ。」

ーマイケルジョーダン

こんにちは、ニンニンです!

 

いよいよ2度目の渡米。

しかも、観戦する試合は4月のプレーオフ(決勝トーナメント)1回戦。体育館もボロボロだったシカゴ・スタジアムから新体育館のユナイテッドセンターに。
試合は、バスケットボールの神様率いる シカゴ・ブルズ V.S マイアミに本拠地があるヒート。
この年のブルズは、シーズン新記録の72勝10敗。  勝率88%って驚異的!!
ヒートにはアロンゾ・モーニングがいました。

f:id:for_macho_365:20161019094203j:plain

ニックネームは『ZO(ゾー)』。

象ではないですよ。名前のゾからだと思います。

f:id:for_macho_365:20161019094119j:plain

208cmでNBAのセンターとしては背が低い方ですが、パワフルなプレーが得意でシュートをことごとくブロックしてましたね。

f:id:for_macho_365:20161019094046j:plain

のちに腎臓の手術で選手生命が危ぶまれましたが、紆余曲折を経て見事にカムバックし優勝した時は感動しました。その時は、ジョーダンは引退してましたけどね。


相棒は、クロスオーバーが得意なティム・ハーダウェイ。

f:id:for_macho_365:20161019094236j:plain

183cmと小柄ながらドリブルで相手を翻弄。

f:id:for_macho_365:20161019094354j:plain

彼のドリブルは『キラークロスオーバー』と呼ばれ、日本人はみんな練習したんじゃないですかね。真似するとボールコントロールが難しく、ボールを蹴ってしまったり、あちこちにボールが飛んで行ったりしてました(;^ω^)

しかし!試合は、ブルズの圧勝。

f:id:for_macho_365:20161019094419j:plain

いやぁ〜、ジョーダンのプレーは凄かったですね。大学生の中に1人だけプロがいるようなレベルの違いでした。

f:id:for_macho_365:20161019094506j:plain

このメンバーは最強でしたね。
左からリバウンド王のデニス・ロッドマン、オールランダーのスッコティ・ピッペン 神様マイケル・ジョーダン
ディフェンスのロン・ハーパー、ヨーロッパナンバー1のトニー・クーコッチ。
 
このままブルズは破竹の勢いで4度目の優勝!!

f:id:for_macho_365:20161019094619j:plain

優勝を決めた日は、父の日。亡くなったジョーダンのお父さんも力を貸してくれたんですね。人目をはばからず男泣き。

だって、ジョーダンのお父さんは、強盗によって殺害され、それはジョーダンのギャンブル癖によるトラブルのせいと、ゴシップにも悩まされ、父との絆の野球を始め、その後戻って来たバスケットのコートで掴んだ優勝。

色々な思いが溢れたんでしょう。。回数だけでなく、厚みのある優勝になりました。

私も、生涯忘れないと思います!

store.shopping.yahoo.co.jp

f:id:for_macho_365:20161014103509j:plain